原子力自動車やバイクが!?ロッキードが小型核融合炉を10年以内に実用化見通しを発表

323_09

未来はとうとうそこまで来てしまっているようです。

米ロッキード、10年以内に小型核融合炉実用化へ

15日、核融合エネルギー装置の開発において技術面の画期的進展(ブレークスルー)があり、10年以内にトラックに搭載可能な小型の核融合炉を実用化できると発表した。

開発チームを率いるトム・マクガイア氏は記者団に対して、これまでの作業を通じて出力が100メガワット(MW)で、現在存在するものより約10倍小さく大型トラックの後部に入れられるほどの核融合炉が製造できるめどが立ったと説明した。

1年ほどで設計やテストなどを終えて5年以内に試作品を作り、10年で実用の核融合炉を生産できるはずだとの見通しを示した。

核融合エネルギーは科学者がずっと有望な分野とみなしてきたが、現在まで実用可能な動力システムは生み出されていない。

ロッキードによると、小型の核融合炉は、重水素(デュートリウム)と三重水素(トリチウム)の融合反応を利用したも ので、同量の化石燃料の約1000万倍ものエネルギーを生み出せるため、石炭火力発電よりもずっとエネルギー効率が高まる。また将来的には別の物質を使っ て、放射性廃棄物を完全になくせる可能性もあるという。

マクガイア氏は、ロッキードが開発に関していくつかの特許を申請中であるとともに、学界や産業界、政府の研究者などを対象に今後の協力相手を探していることも明らかにした。

抜粋:Reuters.co.jp

 

つまり要約すると、

 

鉄腕アトム誕生が先か、デロリアンがタイムマシーンになるのが先かと言うことです。

 

323_10鉄腕アトムは重水素の核融合をエネルギー源に10万馬力の出力を実現。構造はロッキード社のものと同じ。

ドク・ブラウンDIYのデロリアンは開発当初はプルトニウムによる核分裂で発電したエネルギーを同じくDIYの次元転移装置に流す事によりタイムスリップを実現。構造は核エネルギーで蒸気を作ってタービンを回して発電するものなので構造は原子力発電所とまったく同じで、ちょっと旧型な核燃料の使い方。原子力潜水艦なども同じです。

核分裂は核融合と比べると7分の1程度の効率しかありません。

しかし後にデロリアンの後部にMr.フュージョン(読みはミスターフュージョン、デザインは洗練されているので恐らく未来から買ってきた商品)が搭載され、アトムと同じく核融合式になるが、323_04これはなんと生ゴミや空き缶など家庭から出るゴミを融合の材料にできるほどにぶっとんでしまいました。

デロリアンに搭載する原子力ユニットはロッキード社のものでなんとかなるにしても、問題は天才ドクがまだ誕生していないので次元転移装置が無いということです。

 

と言うことは・・・・

限りなく鉄腕アトムのほうがロッキード社のお陰で作りやすくなったと思いますが、人々の期待は間違いなくタイムマシーンでしょう。

だって10万馬力の子供なんて正直怖いですよ。。まだ人工AIもろくに作れてないし、人間の脳ミソの解明が先ですよね。

 

つまり、太陽のような恒星と同じエネルギー発生構造をトラックに搭載できるほどコンパクトなものにしてみましょう、それも10年以内に。とロッキードが発表したと言うことです。

 

1件のコメント

  • 匿名

    10年以内に本当にできるのでしょーか?ロッキード爺さん近頃ボケてきたってオチでは?

コメントを残す