今、最も未来を予感させるバイクは電動バイクzecOO(ゼクー)

電動バイクが開発された!と言うと、どうしてもアニメ映画『AKIRA』の金田バイクが引き合いに出され、見た目デザイン、スペック共に、理想と現実というものを思い知らされる事になってしまう現状。

なんて思っていたら、引き合いに負けないバイク出ました。

zecOO(ゼクー)

昨年から一般に発売が始まった電動バイクzecOO(ゼクー)。

見た目かなりカッコイイ!!

 

でも見た目だけだろう・・・?

 

ノン、ノン、ヘブン!!違うんです。

 

時速100kmまで3秒台と言う十分なトルクはエンジン車に換算すると1300ccのメガスポーツバイクに匹敵するモンスターです。

カーブで沈み込まないフロントサスペンション?

ハンドルはシフト操舵式?

などなど、未来バイク好きの心をくすぐるギミック満載のzecOO。

もはや、これ以上の電動バイクはそうそう出て来ないのではないでしょうか。

 

そんなzecOOのスペックを今回は動画アリでご紹介します。

とりあえず動いている実車を見て見たいと思いますので動画から。
もう一度言いますが、これ昨年2015年から普通に販売されているんですよ!!

 

これが1300ccほどのパワーとか・・・。夢とロマンが詰まってます。

これ、買えちゃうんですよ(๑¯﹃¯๑)

 

コーナーで本当にフロントが沈み込んでいないですよね。

でもこれ、かなりバイクに乗っていた私から言わせて頂くと、

剛性が高すぎて初心者には乗れないのでは??

と感じなくもないのですが、まあそれは後ほど。

早速ゼクーの気になるスペックです。

 

全長×全幅×全高
Length x Width x Height
2,450 x 800 x 1,160 mm
軸距
Wheel base
1,830 mm
シート高
Seat height
670 mm
懸架方式
Suspension
前 : ダブルスイングアーム / 後 : スイングアーム
Front : Double swing-arm / Rear : Swing-arm
ステアリング方式
Steering
ハブステアリング
hub centered steering
制動装置
Brakes
前 : 油圧シングルディスク / 後 : 油圧シングルディスク + 回生ブレーキ
Front : Hydraulic single disc / Rear : Hydraulic single disc + Regenerative brake
タイヤサイズ
Tyre size
前 : 150/60 ZR-18 / 後 : 240/40 ZR-18
Front : 150/60 ZR-18 / Rear : 240/40 ZR-18
減速機構
Drivetrain
ベルトドライブ
Belt drive
フレーム形式
Frame type
VTF (Vertical Twin Frame) 特許出願中:2011-187957
車両重量
Weight
280 kg
モーター最大出力
Motor max power
50 kW
モーター最大トルク
Motor max torque
144 Nm
最高速度
Top speed
160 km/h
航続距離
Range
160 km
バッテリー
Battery type
リチウムイオン
Lithium ion
バッテリー容量
Battery capacity
11.4 kWh
充電器
Charger type
1.3 kW (車載)
1.3 kW (On-board)
充電時間
Charge time
8 時間 (100V) / 4 時間 (200V)
8 hours (100V) / 4 hours (200V)
乗車定員
Riding capacity
 1

 

価格
Price (Japanese domestic)
\8,880,000 (税抜)
8,880,000 JPY (FOB)

 

zecOO – THE ELECTRIC MOTORCYCLEより

http://www.zecoomotor.com/

 

 

うん、ちょっぴり高いw

いや、結構高い。。さすが夢とロマン価格です。

それと欲を言えば動力は超電導モーター・・・。常温超電導が発明されるまでは、さすがに無理ですよね^^;それを差し引いても十分スペック。パワーがあれば良いのです。

気になる方は上記のゼクー公式サイトでじっくりと眺めて見て下さい。

 

ちょっと懸念するところ

zecOO

ゼクーって読めますか?w

私は最初読めませんでした・・・。zecOOって確かにカッコイイ感じ。

zecの後の丸丸が伏字2文字にも見えてしまう。

でもゼクーってカタカナで書くとなんだかなぁ~と言う感じ。

もうちょっとキャッチーにしたほうが良い気もします・・・。

 

剛性とフロントサスについて

フロントもリアもフレームなので異常なまでの剛性の高さだと思います。サーキットでガッチガチ剛性のレーサーバイクを乗ってきた人なら問題なさそうですが、対初心者にはゼクーは相当剛性が高いと思います。

しかも、コーナー進入時にフロントサスが沈まない!

これは私も乗るのちょっと怖いですw

一長一短の部分で、ブレーキングの際はロスなく一気に減速させる事が可能です。

しかしコーナー進入の際は直進の慣性を、故意に横方向へ曲げるものです。円運動による、外へ行こう行こうとするその慣性の反発を遠心力と呼ぶのは皆さんご存知だと思いますが、コーナー進入時には急激な遠心力がかかります。

その急激な遠心力が一気にタイヤのゴムだけに(ちょっと極端な言い方ですが)のしかかる事になりますから、グリップを失いやすくなりそうな気がします。

フロントサスが沈み込むと言うのは、この遠心力をサスが吸収して、そのGをゆっくりとタイヤへ伝達する事で急激な負荷によるスリップダウンを防ぐ効果があります。まさにクッションの役割。

 

色々と気になるゼクー、試乗会に行くつもりですので、実際に乗った感覚も追記でお伝えしたいと思います。

ワールド・ワイド・ウェブログはフルスロットル全開!でzecOO(ゼクー)を応援します!!
う~ん、書くときも困る名前…

コメントを残す